私のプロフィール。

こんにちは!

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

ムダ毛の濃かった私が、いかに毛と闘い、そしていかに勝利したか…その栄光の記録を綴っていきたいと思います。


 

私のムダ毛が濃くなり始めたのは、中学生位の時だったかなと思います。

なにしろ、小さい頃から髪の毛も多くて、毛質も堅くて真っ黒で、伸ばしても全然サラサラじゃないし、束ねてもごっつい太い束になる、毛の濃い~女の子でした。
髪1本1本が、自己主張強くて編みこみなんてしてもピンピンはねるし!

という、扱いづらい髪質だったため、子どもの頃はずうっと母のカットによるモンチッチヘアーにされておりました。

耳がバッチリ出ていて、段が入りまくって、前髪は「オンザ眉毛」です!
高校くらいまで、ずうっとこの髪型でした。

当然ですが、お顔の毛も濃いもんですから、ほっとけば眉毛はつながるし鼻の下はうっすら「ヒゲ!?」って感じ。

こんな私ですが、18歳くらいで、初めて肩より下に髪を伸ばしました。
(その後、今度は「くせ毛」で苦労することになります。)

…と、すみません。
脱線したようですが、こんな感じで硬い髪の女は
ムダ毛もとにかく太くて硬いんですね。

社会人になって、ベスト&タイトスカートっていう制服を着るようになった私は、毎日ストッキングを履くようになったのですが、
あまりに剛毛なすね毛はストッキングを突き抜け、寒くなって履くようになった80デニールのタイツもなんのそので突き抜け…

もーほんと、女子力の低さに泣けてくる感じでした。
あと、髪を伸ばしてご満悦の私だったのですが、その髪を結ぶと、あることに気づきました。

うなじの毛が濃い!!

首の裏側は、自分ではよく見えないのですが、耳の下あたりまで後れ毛というか、モジャモジャ毛が生えてるんです!

こういうものかと思って、思い切ってアップにしていくと、職場の同僚から「なんか生々しい…」と言われました。

要は、襟足がすっきりしてないので後れ毛感がすごくて、全然爽やかじゃないってことです!

今、考えてもちょっと恥ずかしいです。

それからはずっと、髪はほとんど下ろしたまま…もしくは半分髪を下ろして半分ゴムでくくる、サムライヘアー(?)が定番になりました。

さてさて、こんな私ですが、様々なムダ毛処理を試した挙句、今ではもう脇や腕、脚など目立つ部分のムダ毛はほとんど生えてこなくなり、本当に楽になりました。

どんな風に処理していったかをお伝えしたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ